月別アーカイブ: 8月 2016

トラブル事例1

借地権のトラブルには、親が亡くなるなどで借地権を相続した場合にもさまざまなトラブルが生じるといわれています。

たとえば、親の土地を兄弟二人で相続をした場合にもトラブルとなりかねません。
この場合、兄弟二人で登記し、二人で借地権を継承するということは可能となりますが、その後の世代で、お子さんたちが相続するとなった場合、権利関係が複雑となってしまい、トラブルの火種となることが多いのです。
このため、あらかじめどちらかが相続するのか、ということを考えなければいけないのです。
また、相続の際に、地主から立ち退きを求められるというケースもあります。

しかし、ほとんどの場合、借地権は相続人に継承されますので、立ち退く必要がありません。
地主との条件などもそのまま引き継がれますので、承諾料などの支払いも必要がありません。
しかし、どうしても立ち退きをしてほしい、という場合や、地代などを受け取ってもらえないケースもあり、トラブルとなることが多いようです。
この場合には、専門家に相談をしてみるのも必要です。
さらに、相続の際には、贈与税の問題が引き起こされるケースもあります。
このため、これらのトラブルにも対処をすることが必要となります。

借地権のトラブル

借地権とは、土地を所有している地主、が不動産には、さまざまな問題があるといわれていますが、その中でも特に、借地権に関するトラブルというのは、とても多いといわれています。
借地権に関するトラブルというのは、とても多く、借地権問題を得意としている弁護士事務所なども数多くあります。こういった借地権トラブルの主な原因として、まずは貸す側と借りる側の不公平感などが原因となります。
借地権に関しては法律の改正などが繰り返されており、改正前のものは改正前の法律にならうなど、複雑な側面があります。このため、何かにつけてトラブルの火種となりやすく、借地人側と借り手人側で、揉める原因となりかねません。

トラブルの原因として多く見受けられているのが、お金の件でのトラブルです。地主にとっては収入源であり、借地人にとっては負担となるお金の件では、感情的になることもあり、トラブルの火種となりやすいのです。
また、年月に応じて、地代などが変化することが多く、特に地代の値上げなどになると双方の感情のズレなども起こります。
このため、大きな問題となることが多いのです。

そのほかにも、借りた土地に対し、建物の増改築をしたいけれど、地主の承諾を得なければいけない、というケースや、借地権を売却したいけど地主が承諾をしてくれない、というケース、また借地契約を解消したい、というケースなど、借地に関するトラブルというのは、非常に多いのが特徴です。