トラブル事例1

借地権のトラブルには、親が亡くなるなどで借地権を相続した場合にもさまざまなトラブルが生じるといわれています。

たとえば、親の土地を兄弟二人で相続をした場合にもトラブルとなりかねません。
この場合、兄弟二人で登記し、二人で借地権を継承するということは可能となりますが、その後の世代で、お子さんたちが相続するとなった場合、権利関係が複雑となってしまい、トラブルの火種となることが多いのです。
このため、あらかじめどちらかが相続するのか、ということを考えなければいけないのです。
また、相続の際に、地主から立ち退きを求められるというケースもあります。

しかし、ほとんどの場合、借地権は相続人に継承されますので、立ち退く必要がありません。
地主との条件などもそのまま引き継がれますので、承諾料などの支払いも必要がありません。
しかし、どうしても立ち退きをしてほしい、という場合や、地代などを受け取ってもらえないケースもあり、トラブルとなることが多いようです。
この場合には、専門家に相談をしてみるのも必要です。
さらに、相続の際には、贈与税の問題が引き起こされるケースもあります。
このため、これらのトラブルにも対処をすることが必要となります。